限定特別価格 12月15日23:59まで

ACB2ヘッダー ACB2ヘッダー

多くの使い道はありますが、こちらの動画で簡単に使い方や機能をご説明します。

なぜこんなことが可能なのか詳しくご説明していきます。
ACB2を使えばこんなサイトを全自動で作り、
アクセスをゲットし収益が取り放題の状態となります。

矢印

エンタメから政治までのニュース全般サイト

エンタメから政治までのニュース全般サイト

トレーニングやゴルフ、プロテイン等を紹介するスポーツ系サイト

トレーニングやゴルフ、プロテイン等を紹介するスポーツ系サイト

女性の人気を集めそうな記事媒体でサプリメント系サイト

女性の人気を集めそうな記事媒体でサプリメント系サイト

女性の悩み系をまとめてビューティー系サイト

女性の悩み系をまとめてビューティー系サイト

サプリメントやダイエット系で10個のコンテンツを作っても
ダイエット系で100個のコンテンツを作っても

またヤフーニュースからの記事でスポーツ系の記事をまとめて、サプリメント系や、ダイエット系のコンテンツをまとめてサイトに仕上げる事も可能です。

全自動でありながら自分の意思も尊重し作り上げたいサイト、作り上げたいオウンドメディアをコツコツと作り上げていくのに最適なACB2となっています。

そしてこのACB2で作ったサイトに
アクセスの呼び込みが出来上がれば完成です。

さらに詳しく仕組みをご説明します。

まず記事やコンテンツに関してですが、記事はヤフーニュースから抽出してきます。
カテゴリはかなり多くの中からになりますが、記載させていただきます。

さらに詳しく仕組みをご説明します。

ヤフーは最大のコンテンツメーカーであり、誰もがご存知だとは思いますが、アクセスはなんと630億PV、その中で、ヤフーニュースは2017年8月に月間150億PVです。
検索ではなくヤフーニュースを見る人でこの数になります。

抽出する記事の媒体は330以上

主要/国内/国際/経済/エンタメ/スポーツ/IT/科学/地域/AbemaTIMES/Aviation Wire/BuzzFeed Japan/CBCテレビ/ITmedia ビジネスオンライン/J-CASTニュース/THE PAGE/TOKYO MX/tvkニュース(テレビ神奈川)/withnews/朝日新聞デジタル/アジアプレス・ネットワーク/医療介護CBニュース/ウェザーマップ/沖縄タイムス/カナロコ by 神奈川新聞/関西テレビ/高校生新聞オンライン/産経新聞/サンケイスポーツ/スポニチアネックス/スポーツ報知/選挙ドットコム/税理士ドットコム/テレ玉/西日本新聞/日刊スポーツ/日本農業新聞/ニュースイッチ/ニュースソクラ/ビデオニュース・ドットコム/福祉新聞/弁護士ドットコム/ウドウキョク/北海道新聞/毎日放送/レスキューナウニュース/レスポンス/ログミー/AFPBB News/AP通信/BBC News/CNN.co.jp/INDO WATCHER ビジネスプレミアム/MEGABRASIL/The New York Times/The Telegraph/WoW!Korea/アフロ/ウォール・ストリート・ジャーナル/サンパウロ新聞/済龍 China Press/中央社フォーカス台湾/中央日報日本語版/朝鮮日報日本語版/ニッケイ新聞/ハンギョレ新聞/マカオ新聞/みんなの経済新聞ネットワーク/夕刊フジ/聯合ニュース/carview!/EE Times Japan/Impress Watch/MONEYzine/MONOist/qBiz 西日本新聞経済電子版/SankeiBiz/SENSORS/Stereo Sound ONLINE/ZUU online/アスキー/エコノミックニュース/オートックワン/経営者online/健康産業新聞/健康産業速報/山陽新聞デジタル/スマートジャパン/帝国データバンク/鉄鋼新聞/デーリー東北新聞社/東京商工リサーチ/投信1/トラベルボイス/日刊工業新聞電子版/日刊産業新聞/乗りものニュース/マネーの達人/モーニングスター/All About/cinemacafe.net/CINRA.NET/dmenu映画/ELLE ONLINE/E-TALENTBANK/IGN JAPAN/ITmedia LifeStyle/ITmedia NEWS/Lmaga.jp/Movie Walker/MusicVoice/RO69(アールオーロック)/TOKYO FM+/インサイド/映画.com/映画ナタリー/エキサイトミュージック/お笑いナタリー/音楽ナタリー/クランクイン!/コミックナタリー/シネマトゥデイ/チケットぴあ/デビュー/東スポWeb/トレンドニュース(GYAO)/西日本スポーツ/日刊ゲンダイDIGITAL/ニッポン放送「しゃベル」/ねとらぼ/ぴあ映画生活/リアルライブ/CycleStyle/Full-Count/GOAL/motorsport.com 日本版/NFL公式サイト日本語版/SOCCER KING/tennis365.net/TENNIS.JP/theWORLD(ザ・ワールド)/@S[アットエス] by 静岡新聞/茨城新聞クロスアイ/イーファイト/宇部日報/オートスポーツweb/カンパラプレス/ゲキサカ/ゴルフ情報ALBA.Net/ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)/埼玉新聞/佐賀新聞/上毛新聞/スポーツナビ/ちばとぴ!チャンネル/千葉日報オンライン/テレビ東京スポーツ/バスケットボールキング/バトル・ニュース/バド×スピ!/バドミントン・マガジン/バレーボールマガジン/ベースボールキング/ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)/IT・科学/BCN/CNET Japan/EDN Japan/ITmedia Mobile/ITmedia PC USER/ITmedia エンタープライズ/ITmedia マーケティング/MarkeZine/ReadWrite Japan/ScanNetSecurity/sorae.jp/THE ZERO/ONE/Web担当者Forum/@IT/ギズモード・ジャパン/ネットショップ担当者フォーラム/ライフ/Fashionsnap.com/ITmedia ヘルスケア/sippo/STORYS.JP/SUUMOジャーナル/ベネッセ 教育情報サイト/リクナビ進学/リセマム/IBC岩手放送/MBC南日本放送/MINKEITV/Webマガジン コロカル/伊豆新聞/愛媛新聞ONLINE/北日本新聞/岐阜新聞Web/チバテレ/チューリップテレビ/苫小牧民報/長崎新聞/函館新聞電子版/福井新聞ONLINE/福島民報/福島民友新聞/北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ/北海道文化放送/北國新聞社/ミニ事件簿/宮崎日日新聞/山梨日日新聞/両丹日日新聞/@DIME/OurAge/R25/WiLL/Wedge/webスポルティーバ/エイ出版社/ESSE-online/NRI研究員の時事解説/NHKテキストビュー/エンタメOVO/おたぽる/otoCoto/オトナンサー/オルタナ/オーヴォ/会社四季報オンライン/KAI-YOU.net/Casa BRUTUS.com/教員養成セミナー/clicccar/CREA WEB/GLOBIS知見録/月刊糖尿病ライフ さかえ/月刊FACTA/現代ビジネス/幻冬舎plus/講談社 JOSEISHI.NET/コスモポリタン/コンフィデンス/コーチ・エィ/CYCLE SPORTS.jp/サイゾー/SOCCER DIGEST Web/サライ.jp/ザテレビジョン/シェアーズカフェ・オンライン/週刊金曜日/週刊女性PRIME/週刊SPA!/就職ジャーナル/週プレNEWS/新潮社 フォーサイト/CGWORLD.jp/CD&DLでーた/THE ANSWER/JBpress/Japan In-depth/女子SPA!/GQ JAPAN/Suits-woman.jp/政治山/選択/ダイヤモンド・オンライン/ダイヤモンド・ザイ/WWD JAPAN.com/ダ・ヴィンチニュース/中央公論/創/DIGIDAY[日本版]/デイリー新潮/東京ウォーカー/東京カレンダー/東洋経済オンライン/dot./ナショナル ジオグラフィック日本版/Number Web/日経ウーマンオンライン(日経ウーマン)/日経ウーマンオンライン(日経ヘルス)/NIKKEI STYLE/日経DUAL/日経トレンディネット/nikkei BPnet/nippon.com/日本の人事部/NEWS ポストセブン/ニューズウィーク日本版/Numero TOKYO/HARBOR BUSINESS Online/ハーパーズ バザー・オンライン/広島アスリートマガジン/ビジネス+IT/PHP Online 衆知/PHP Online 衆知(THE21)/PHP Online 衆知(Voice)/PHP Online 衆知(歴史街道)/PHPファミリー/ファンファン福岡/Forbes JAPAN/footballista/Football ZONE web/フットボールチャンネル/FRIDAY/BOOKSTAND/Book Bang/文春オンライン/プレジデント/BEST TIMES/ベースボールチャンネル/magazineworld/madame FIGARO.jp/マネーポストWEB/Meiji.net/メディアゴン/MEN’S+/ライフハッカー[日本版]/リアルサウンド/リスク対策.com/リビング福岡・北九州/旅行読売/ロケーションジャパン/ローリングストーン日本版/WIRED.jp/25ansオンライン/VOGUE JAPAN/国内・政治/ゆるネタ/ピックアップ/企業/グローバル/マーケット/キャリア/テクノロジー

(330以上の媒体)これだけ多くの中からキーワード、コンテンツを抽出してきます。 ですので、ご自分でまとめてもOK、コンテンツを選んでもよし、スポーツ系でベースボールチャンネルでもいいですし、女子系で、週刊女性PRIME、健康系で健康産業新聞など、
またスポーツというジャンルで、野球、サッカーラグビーや新聞系をまとめたコンテンツでもビジネス系や地域新聞系でまとめて地域のお仕事や、パソコンオフィス商品の販売サイトにしてもいいですね。住宅リフォーム系でも、食品でも、家電系、おもちゃ、DIY、絵本、医薬品、洋服、お酒でも何でも全ての媒体からサイト制作は可能です。

もし自社の商品に合うかどうかなどご相談があればお気軽にご連絡ください。

先ほど画像で掲載させていただいたものも、コンテンツをまとめて作ってあります。

ACB2があればお好きなコンテンツのサイトを自動で作る事が可能となります。

これがオウンドメディアという手法でして、今、検索エンジンに最も好まれアクセスが来るサイト作成方法になり自分のメディアという事になります。そしてオウンドメディアを作るには、同じスポーツなら同じスポーツ関連のコンテンツでまとめるサイトという事になります。サイトを見に来る人は、スポーツに興味がある人が訪れ、リピートも増える事となり、更にアクセスそして検索エンジンで上位に出る対策となります。

ここで一例として、オウンドメディアを活用している企業のサイトをご紹介します。

運営はスポーツメーカー アシックス社

運営はスポーツメーカー アシックス社

スポーツとファッション、自社ブランド以外の情報もコンテンツとして充実させブランディングを行っています。


文具などを販売しているコクヨ社

『ISSUES』『MAGAZINE』『EVENT』『BLOG』のカテゴリを配置。著名人や各分野の対一人者へのインタビュー記事などを作成しコクヨのブランドや製品の販促をしています。

運営はスポーツメーカー アシックス社

その他も、今多くの企業は、オウンドメディアという手法を使いアクセスを集めています。

ACB2は、検索エンジンに好かれる、ヤフーニュースを利用することにより、コンテンツを充実させ尚且つ収益を上げるために設計してあります。

高品質のサイトであり、検索する人の人生にとって、意味のあるサイトは必要

グーグルも、新たな検索エンジンの評価ガイドラインでは、こう明言されていて、オウンドメディアの手法は更に検索エンジン上では優位に働きアクセスを集めていきます。

ですが、これだけではアクセスが足りません。
ACB2の秘策をお伝えしていきます。

ヤフーニュースを即座に利用するとどういう事が起こるか

2018年6月6日朝9時ヤフーを開いてみると

ヤフーニュースを即座に利用するとどういう事が起こるか

ヤフーニュースの一番上に出てくるものが、

米朝会談、正恩氏にリスクも
というニュースでした

記事は30分前にUPされましたが検索してみるとすでにこの状況です。

記事は30分前にUPされましたが検索してみるとすでにこの状況です。

ニュース関連ばかりのサイトになりますが、この状態の中、弊社のサイトは
何と30分で12位にランクイン、そして、あまりお伝えすると悪用する方が増えてしまうのですが30分でこの威力です。テストでタイトルだけで行ってみてもいきなり18番にランクインです。

また2月27日確認してみると
野球の【侍ジャパン】菅野が初のブルペン入りという記事がありました。

こちらいきなり5位にランクイン!!

こちらいきなり5位にランクイン!!
300以上の中から毎日大量に記事が配信されるものを使いたい放題アクセス取り放題!!

これを利用することにより
この結果が得られます。

1日平均 → 1400アクセス

この結果が得られます。

月間で → 35000アクセス程

月間では30000アクセス以上

1日の平均アクセスは1400回平均、月間では35000アクセス以上
検索キーワードも多岐にわたりますが

リスト

ニュース系でアクセスが集中すると・・・

このアクセスだけで十分だとは思いますが

しかしこれだけではありません。

ACB2には、更にそして更に、アクセスを呼び込む秘策を用意してあります。ヤフーニュースからのコンテンツ、そして、検索エンジンに強いオウンドメディアこの2つのアクセス対策だけでも十分のアクセスが得られることはお分かりいただけたと思います。

しかもこれは全て全自動です。

更に記事はご自分で追加することも可能です。
ニュースの部分、自分の記事や誘導したいリンク先など、全く違った記事を入れてもOK

ACB2では、自由な記述ができます

ACB2をまとめます

使い方は無限大のACB2
会社の方は自社の宣伝広告用のサイトとしてもご利用いただけます。

カテゴリーごとにサイトを作り、長期的なアクセスサイト
バックリンクサイトなど多くの使い方にご利用いただけます。
設定して、全自動で待っているだけで、アクセスを呼び込み収益が増え続けていきます。

会社の方は自社の宣伝広告用のサイトとしてもご利用いただけます。

ACB2機能・仕様

アクセスをお金に換算すると、こんなことに!

1アクセスってどれぐらいの金額換算になるかご存知ですか?

プロテインの商品をPPC広告でアクセスを得ようと考えたとします。

1クリック50円で月間30000アクセスですと、
クリックの値段だけでも150万もかかる計算になってきます。

もっと安くフェイスブックなどで広告を出したとして1クリックが10円だとしても
月間では30万もかかってしまいます。

ですがACB2を使えば・・・

ACB2なら広告費用もかからずアクセス収益ゲット!! ACB2なら広告費用もかからずアクセス収益ゲット!!

安心して下さい。
この広告費用は一切かかりません。

今お伝えした30万など広告費用の利益が出たと同じ事になり
アクセスが得られ収益を得ることができます。

ACB2の価格のご案内

ACB2は全自動でヤフーから記事を取得し、更に300以上の記事の媒体からニュースを掲載していきます、更にクリック単価や、アクセス、収益の部分から考え、サイトコンテンツロボとしても最高峰のものとなります。
お使いいただく方がより効果的にお使いいただけるよう、限定で先着100名様とさせていただきます。

30分でいきなりアクセス発生
写真はイメージです
  • 全自動コンテンツサイト作成
  • 記事、ヤフーニュース自動生成、オリジナル記事
  • オリジナルコンテンツ自動作成
  • 記事テンプレート自動挿入
  • 記事投稿間隔設定、ゆらぎ、ストップ機能
  • ヤフーニュース記事(300以上媒体)選択機能
動作環境:Windows 7・8・8.1・10

お支払い方法:銀行振込・クレジットカード(最大24分割可) ・コンビニ決済

支払い方法マーク

お渡し方法:ご決済後、インフォトップマイページよりダウンロード

下記より選んでください

ACB2 -エキスパート-

ACB2 -エキスパート-

  • ・1日記事投稿最大数無制限

限定50台 定価99,800円(税込)

先行特別価格45,800(税込)

ACB2 -プロフェッショナル-

ACB2 -プロフェッショナル-

  • 設定代行プラン
  • 弊社にて御社様と打ち合わせをし、どういう商品なのかカテゴリーなどソフトをすべて設定し、お客様にお渡しさせていただきます。ご自宅、会社のパソコンで起動してボタンを押すだけです。

限定30台 定価299,800円(税込)

先行特別価格89,800(税込)

ACB2 -エンタープライズ-

ACB2 -エンタープライズ-

  • 当社パソコンで全稼働プラン
  • (期間半年間)
  • お客様は設定等必要ありません
  • 面倒なのでお任せしたい方

限定20台 定価499,800円(税込)

先行特別価格159,800(税込)

よくあるご質問

Q.
ヤフー記事投稿エリアとは何ですか?
A.

ヤフー記事投稿エリアとは記事の媒体が300以上もあり、そこからすべての記事を取得するとなるとかなりの時間や負荷をかけてしまう事となります。そのため、1回に取得できる数を10個の媒体としてあります。

Q.
完全全自動ということですが、本当に何もしなくていいのでしょうか?
A.

初めの設定など以外は全部全自動です。

Q.
知識も何もない初心者ですが大丈夫でしょうか?
A.

全く知識がなくても大丈夫です。難しい箇所があれば何なりとお電話で、メールにてご相談ください。

Q.
プロフェッショナルとエンタープライズの違いを教えてください。
A.

プロフェッショナルは、弊社でセッティングを代行いたします。あとは、お客様にパソコンをご用意いただき(普段ご使用のもので問題ありません)、お客様ご自身で運用するバージョンです。

エンタープライズは、プロフェッショナル同様にセッティングも代行いたしますが、その後、弊社でパソコンを用意し運用も代行いたします。

Q.
エンタープライズ版の運用半年後はどうなるのでしょうか?
A.

半年後、そのまま継続される場合は月額で5000円となります。
継続されない場合はセッティングした内容のソフトを、そのままお渡しいたします。

Q.
WordPressを利用していると思います。自動で記事が作られていくのであれば、こちらが意図した広告(リスト取り)はテンプレートに埋め込んでおけば問題無いですか?
A.

はい、WordPressになります。そして、埋め込んでいただければ大丈夫です。

Q.
ACB2の購入を検討しております。記事は当方の掲載したい内容で作成することは可能でしょうか?美容サイトや健康系のキュレーションサイトを構築したいと考えております。
A.

ハイ可能です。カテゴリにあるお好きなまとめサイトを作ることが可能です。

Q.
自社のホームページのアクセスアップやコンバージョンアップに繋がりますか?
A.

自社へのアクセスをアップさせるためのソフトですので大丈夫です

お客様の声

ACB2有難うございます。

本当に求めているソフトに出会えました。
キーワードから記事の中身から導線までこれほど求めていたソフトはありません。

やり方も分かっていますし、どうすればアクセスが来るかもわかっています。ですがわかっているのとできるのでは全く違う事も分かっていまして、私は後者のほうでわかっていてもできないタイプです。

こういうキーワードで、こういう記事を作っていけばアクセスが来て収益につながるとわかり、何度もチャレンジはしているのですが、やはり記事作成も3つぐらい作ると、元気がなくなってしまい長続きをしません。

3つぐらいの記事ではだめだとは思いながらも、もしかしたらなんて甘い考えを抱き結局は続かない。そんな数年間を送ってきましたが

光が差しました。
今まで手動で行ってきたことが、すべて自動です。

今まで1日で1ページを作っていたものが1ページにかかる時間はソフトを使えば1分です。初めに設定さえ行っておけば、希望のコンテンツでサイトが出来上がってしまいます。

本当に本当に夢のようなソフトに出会えました。

ネット通販サイト運営  平野様

追伸

ACB2サイトをご覧いただきまして有難うございます。

こんにちはクリアイズム代表の片桐です。

早いものでインターネットでの仕事をはじめ14年以上が過ぎ、私が昔、住宅業界で倒産してからは、16年が経とうとしています。SEO対策に始まり、ソフト開発、ポータルサイト、広告代理店など多岐にわたりビジネス展開をしてきましたが、本当に年月は早いものです。

インターネットにはまだまだ可能性があり、今まで既存の集客に頼っていた方、大手ネットサービスに加盟して お客様は来るが、手数料ばかりで全く儲からない会社様、ネットなんて結局安いお客様ばかりと嘆いている 会社様、まだネットからの集客がもしうまくいっていないという事でしたら、

是非ACB2を使ってみてください。

新たな発見を得られることでしょう。現在ホームページは作っても何もしなければただのゴミとなってしまう時代です。ホームページはあるけれど、誰も訪問してくれないからです。広告費用を払ってアクセスがあればまだ救いですが経費倒れになってしまえば意味もありません。

自社のホームページで経費をかけることなく集客ができ収益が上がるからこそ、インターネットの力なのではないでしょうか?当然古い時代の折り込み広告などに比べれば既に10分の一の経費になってはおりますが、その分競合会社も増えている状況ではないでしょうか

世の中景気は良いと、言われながらも、中小零細企業は、販売価格が上がることもなく、まだ値下げ圧力に負けております。そうこうしているうちに、東京オリンピックが終わり暗黒の時代がもし始まるとしたら、今、手を打っておかなければ手遅れなことは全ての経営者が分かっている事でもあります。

「でも手が打てない。」

そんな気持ちもわかりますが、もう直ぐそこまで来ています。どのオリンピックでもオリンピック後に 繁栄している国はないに等しい、であれば、生き残りをかけ何をしておくのか?重要なことだと思います 私は冒頭でも述べましたが一度倒産という苦しみを味わいました。そんな人を少しでも減らしたい。そんな気持ちでインターネットでの集客に取り組んでいます。中小零細企業はなるべく経費はかけない方がいい、だからこそインターネットでの集客に力を入れる必要があるはずです。

簡単なソフトに少しの勝負をかけてみたい方、ご利用いただければと思います

一緒に頑張っていきましょう

クリアイズムのご案内

弊社は新宿にて11年前より、主に「SEO対策ソフト」や「アクセスアップソフト」を開発販売。SEO対策を主な業務として行わせて頂いております。
情報業界というジャンルでも、業界最大手インフォトップでも2億100万、
インフォカート社1億1000万、自社決済4億8000万と、ツール販売だけでも8億以上の売り上げを作って参りました。

業界最大手インフォトップでも2億100万

私、片桐としまして、
「本の出版」「台湾で翻訳版」「まぐまぐ」というメールマガジンの媒体で52,000人以上の読者様を獲得するなど、日々邁進させて頂いております。

日々邁進させて頂いております。

現在は2社経営、ポータルサイト運営、WEB制作、SEO対策、ソフト開発、通販サイト運営、アフィリエイトセンター運営、広告代理店等の業務を行わせていただいております。

©2018 クリアイズム有限会社